2008年03月26日

[退院後の検診 2.] (12月22日)

12・22.JPG

手術後半月たった頃、安静にという先生の言葉を実行しようという飼い主に対して
まったく聞く耳を持たないリリー。
見えるのが嬉しいのもあるだろうが、室内で格好の遊び相手の猫とドタバタと駆け回る。
早い動きの2匹にもう1匹の老犬は怒りを隠さず。
まったく、家の中が賑やかなこと。
見えるという事で、行動の範囲が広がりますよと言われていたが、まさしくそのとうり。
手術の前の失明状態の暗い表情は微塵も感じさせない。

1ヶ月は付けていないといけないエリザベスカラーがあっちこっちにぶつかり、
もはやボロボロになり、ガムテープで補強しているくらいだ。

今日の検診は、早い時間なので早々に病院に向かう。
待合所で待っていると、何度かTVで見かけたことのある院長先生が足元に
綺麗なコーギーを連れてやって来た。
ベンチの足元で伏せているリリーを見ると
「やあ、元気になったね。思いきって手術して良かったね。」と声を掛けてくれた。
飼い主夫婦はまったくの初対面なのだが、この病院の先生たちの繋がりを感じてとても嬉しかった。

診察では、右目の炎症は完治しており、問題ないという事だった。

両眼に瞳孔を開く目薬をして15分くらい待ってから、一般眼科検査というのをする。
眼圧を測る。両眼とも正常値である。眼底検査、スリットランプ検査などで
眼瞼や眼球の強膜、結膜、角膜、前房、虹彩、水晶体を調べて、合併症の発生がないかを診る。

07.12.22R2.jpg07.12.22R1.jpg

合併症の心配から、レスキュラという目薬をしてきていた左目も問題なく、
左右とも順調に回復をして来ているそうだ。

薬の使い方を変えて今後の様子を見る事になる。
左目のレスキュラ(緑内障の薬)、右目のミドリン(坑炎症の薬)をやめる。
ファルキサシン、ボナフェック、FALCONを各1日4回、トルソプトを1日3回。
内服薬を1日2回の7日間。

幸いにして、リリーは目の周りを痒がったり、気にして擦ることも無いので
、飼い主が看ている範囲でエリザベスカラーを外しても良いというお許しが出た。
あと、近所の5分、10分くらいの散歩をしても良いというお許しが出た。
あくまで、外気浴程度の軽い散歩。
ボロボロのエリザベスカラーを見ての判断でしょう。

先生はいつも慎重なので、許可が出たというのとはそれだけ経過が良いという事なのだろう。

次回の検診は12月29日。

【12/22動物眼科での経費・・・再診料、薬治・投薬指導料、内服薬7日分
         眼科予備検査、眼圧検査、スリットランプ検査、
点眼薬4種(ファルキサシン、ボナフェック、トルソプト、FALCON)合計金額・・・約25千円】