2008年02月23日

[手術当日] (12月7日)

070924_0917~0001.jpg

朝6時の点眼をした後に瞳孔を開く目薬も点眼する。
朝の餌を与えない、水も少しだけにしておく。勿論、散歩もなし。
排便をさせたらもう慌しく出かける準備をする。
大好きなドックフードの缶数個と
大好きなお父さんのにおい付きのタオルを持って急いで病院へ。

空腹と緊張と車の揺れでリリーは酔ってしまったらしく、口から
大量のヨダレが滴って、
可哀想な顔をしている。
瞳孔も開いてきているので気持ちが悪いのだろう。

以前、息子が眼科の検査のために瞳孔を開く目薬をしたことがあったが、
眩しいのと良く見えないのに加えて、平行感覚が変になって
気持ちが悪いと云っていたのを思い出した。
人間でそうなるなら犬ならもっと理解できない辛い状況なのだろう。
可哀想だがしかたがない。

病院に着くと程なく予約の時間だったので、すぐに先生の話を聞いた。
手術は人間の白内障手術と同様の方法で行なわれるが、犬の眼は
人間の眼より小さい。
人間の水晶体は皿状で小さいが犬の水晶体はラグビーボール状で
人間の約3倍の大きさがある。
よって、小さい眼から大きな水晶体を取り出すことになるので、
手術の時間が掛かり、眼への負担がかかることになり、
術後の合併症が人間に比べて多くなる。
手術の実施数もあまり多くないし、成功の割合は厳しいものがある。
術後の合併症については、ほとんど必ずといっていいくらいの
発生率なので、その後の対処が非常に重要であるということ。
特にリリーの場合は以前に話したように、レンズを挿入できない事もありうると。
手術は午前中から準備を始めて、午後の3時位に開始し、報告は
夜の遅く7時頃になるとのこと。
手術の後は見えることに興奮して悪化させてしまう事があるので、
退院まで面会はしないで下さいと言われた。
全てを了解して、先生にリリーを預けた。
リリーも状況を理解したのか、すぐにアシスタントの方に連れられて
奥に入っていった。

病院にリリーを預けて自宅に帰る途中で、ホームセンターに立ち寄った。
リリーの大型犬用ゲージを購入した。
本来、外飼いのつもりだったので、居間の隣にリリー用のデッキを作り、
屋根や防寒のカベ、空調設備、照明までつけていたのに、
療養生活では片時も眼を放さないつもりでの室内飼いにしなくては
ならなくなる。
入院生活中に、室内を色々と改造しておかなくてはいけない。

病院を出て3時間くらいで自宅に着くと、留守電が入っていた。
先生からだ。
何事かと折り返しの電話をすると、困ったことが起きていた。
午前中にした検査の結果、左目の眼圧が高くなっていて炎症が
起きているというのだ。
炎症はそれほど酷いものではないので手術が出来ない状態ではないが、
万全を計って今日は右目だけ手術して、
炎症の解消後に左目の手術をしたほうがいいと思うのですが、
どうしますかと先生は言う。
でも、そうすると手術を2回しなければ成らないということで、
犬の体の負担がふえるということだ。
勿論、費用も増えることになる。
それよりも、進行が早い状態なので、手遅れになってしまうのではないのか。
手術後に必ずというほど合併症で炎症が起きるということだったので、
必然的に炎症の対処をして頂けるのだと考えると、
ここは両目をやってもらったほうが良いのではないか。

10分考えさせてもらって、お父さんが電話した。
「多少のリスクは増えても、両目の手術をして下さい。」
「わかりました。」と先生。
不安の要素が増えた。どうか、リリーの眼を助けてください。

夜になって、先生から電話が来た。
「遅くなってすいません。手術は順調に終わりました。
左目も多少の炎症はありましたが無事におわり、両目共にレンズをいれました。
今はもう麻酔が覚めてうずくまっていますが、トラブルもありません。安心して下さい。」
「嗚呼、ありがとうございます。」ほっと胸をなでおろした。よかった。

その後、毎夜、先生はリリーの様子を詳しく知らせてくれた。
眼はぎりぎりまでハラハラした割には順調な回復で、左目に少し炎症があるが、
しっかり見えてますよ。
元気で運動場ではしゃいでますよ。
ご飯を食べないのだけど、ささみだけは食べてます。
他の犬が吠え立てていても静かにしてますよなど。
3日目には、「退院は早めても良いようです。12月11日にお迎えに来てください。」
退院が決まりました。

ニックネーム 庭師のミント at 17:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

[手術前] (12月3日〜6日)

080101 (38).jpg

手術をするとしばらくはシャンプーをすることが出来ないので、
前もってしておくことにした。
冬の北海道、いかに丈夫そうなハスキーでも風邪をひいては、
手術が出来なくなってしまう。
シャンプーは2,3日前にして、温かく安静に、くれぐれも気を
つけて下さいとの先生の注意を受けて、飼い主も緊張しながらの
シャンプー。水遊びの大好きなリリーのこと、湯船に飛び込んで
大はしゃぎをしないように万全の体制で。
シャンプーやシャワーが眼に入らないように、ドライヤーの風が
眼に当たらないように、風邪を引かさないように急いで乾かす。
じゃれつくハスキーの子犬のこと、いつもはもっと楽にやって
いたのに思いのほか大仕事で飼い主はもうクタクタ。
これは、シャンプーだけの事ではない、手術の前からの1日4回の
点眼で、飼い主は寝不足状態が続き疲れが溜まっているのだ。

朝の5時に高校生のお弁当作りのためにに起きて、
犬のトイレの世話をしてから、6時に1回目の点眼をして、
朝の餌を食べさせ、散歩して、家事をして、12時に2回目の点眼。
午後はまた家事をして、買い物をして、散歩して、食事の支度をして、
18時に3回目の点眼。夕飯を済ませ、家人が全員入浴をした後で、
やっと入浴をしてから眠気と戦いながら0時を待って、
4回目の点眼して、やっと布団に入るという生活。

昼寝でも出来ればとも思うのだがそれも中々出来ない。

今のうちにこの時間の使い方に慣れないと、手術後はこの何倍も
大変になるらしい。気力で何とか乗り切るしかない。

手術の前日は目薬の4回目が終わったあとで、5分くらい待って
から瞳孔を開く目薬(アトロピン)を点眼する。

ニックネーム 庭師のミント at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

[手術前の検査2] (12月1日)

000_0861.jpg

手術を12月7日に決め、いつも診てもらっている動物病院に報告に行きました。
「いや〜、早くに手術ができるようでよかったね。あちらの先生から連絡をもらいましたよ。」
「大学の方からも応援に行くみたいだし、メーカーさんも東京から来るそうだから、安心でしょ。」
凄いです。獣医さんのネットワーク。私の聞いていない情報です。
そうか、それはもう先生たちにお任せするしかないと納得。

12月1日はお昼ごろ病院にリリーを預けたら、夕方までざっと7時間。

網膜電図検査という麻酔をかけ、眼の奥の網膜の状態を調べる検査です。
網膜が正常に働いていないと手術をしても物が見えません。
加えて、エコー検査(超音波検査)では網膜剥離などの形の異常を調べます。
シベリアン・ハスキーは、進行性網膜萎縮(P・R・A)という視細胞の
変性や異形成、網膜の萎縮を引き起こす病気を遺伝的に持っていることがあるので、
それも調べる必要があるのです。
若年性白内障も遺伝の病気なので、特にこれは心配です。
麻酔のかかり具合のチェックもあるのでしょう。

夕方迎えに行くと、リリーはまだ麻酔から覚めきっていないのか、ボーっとした顔。

検査の結果、網膜は正常に機能しており、心配していた進行性網膜萎縮(P・R・A)もないそうだ。
両目とも手術で、白濁した水晶体を取り除くことは出来る状態だ。
これだけでも遠視の状態ではあるが見えるようにはなる。
より正常な視力にするために、取り除いた水晶体の代わりに人工レンズを挿入する。
動きの激しい犬用に開発された固定のためのバネのついたレンズだそうで、
パッケージに[メニわん]と書いてあった。
 ただ、19日の検査にあった水晶体の厚みがある状態なので、
切開してみないとこのレンズが固定できるかどうかはわからないとの事。

「費用は、初診から色々な検査を含めて、だいたい片眼で45万位です。
でもレンズが挿入できなかったらその分は減ります。
大型犬なので入院費が割高になってしまいますが…。」初めて先生から費用の話が出た。
これだけいっぱいの検査をして、手術の段取りまでして
いまさらの高い費用にも驚かなくなりました。
いずれにせよ、手術は12月7日の夕方、その後は入院が1週間。
手術後はたくさんの点眼が必要なので、飼い主のケアが重要となる。
1ヶ月は付きっきりに近い状態になると思うが大丈夫かという事を確認された。
手術までは安静に暮らし、炎症等にならない様に抗菌(ファルキサシン)
抗炎(ボナフェック)の目薬を1日4回6時間ごとにする事。
手術の日は絶食。水は朝だけ飲んでも良い。
前の晩の深夜0時頃に瞳孔を開く目薬(アトロピン)を点眼する事。
入院時の餌や、お気に入りのタオルなどを持ち込んでも良い、
など所注意を受けて帰宅する。

帰りの車でお父さんと「軽自動車1台だな。」と笑った。
仕事の休みを取ったり、移動の度に外食になったりするのを考えると、そうなりますね。
若い頃に無駄に車を買い替えたのを思い出した。こういう事も有るんだよ人生は。
縁あって私たちの所に来たんだから、幸せにしてやろうよ。

【12/1動物眼科での経費…再診料,眼科予備検査、薬冶投薬指導料
           眼圧検査、エコー検査、網膜電図検 麻酔
           血管確保、抗菌点眼薬(ファルキサシン)、 抗炎点眼薬(ボナフェック)
                       ・・・約23千円】

ニックネーム 庭師のミント at 17:34| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

[手術前の検査1] (11月25日)

11・19L.jpg07.11.19 R1.jpg
               左目、右目

先週の診察でもらった点眼薬(ボナフェック)を1日4回、朝・昼・夕・夜に
目に注すのは、慣れないのでなかなか大変です。
人間の子どもでも大変だと思うけど、犬は勿論嫌がります。
まず、お座りさせてから、頭を抑えて点眼するのですが、
イヤイヤされると小さな目に注すのは無理です。
まぶた付近の毛についたり、まつげにのったり薬のしずくが零れてしまいます。
また、口を開けられると牙が手に当たってこちらが痛いおもいをします。
丁度、口輪があったのでかぽっと被せて、口の部分を押さえて、
眼を開けさせて点眼します。慣れるのに結構かかりました。

前回から1週間、症状は進んで両目がもう真っ白です。
完全に見えていない。
ドックフードの粒がわからないので食欲も落ちました。
お湯でふやかしてやっても食べたがりません。
スープをかけたりしてスプーンや手で口元にやったり、
やっと一月前の餌の半分の量を食べさせます。
確実に痩せてしまいました。成長期なのに・・。
もう、可哀想でなりません。
このままだと、食事もできない、ボール遊びも、
かけっこもできない、人を頼って散歩するしか楽しみがない。
あれだけ元気でやんちゃだった子が、薄暗い小屋の中で鬱々と
この先何年も暮らしていくのかと思うと…たまりません。
大型犬でこのような状態になったら、処分されてしまう子も
沢山いると聞いた。
リリーはうちの大事な家族なんだから、
出来るだけのことはしてやろう。
なあに、お金なんかたいしたことないさ。いつか回ってくるさ。
家族全員での決定。
両眼にできるだけの治療をおねがいします。

今日は、手術の前の血液検査と、眼底検査などをしました。
これといって変わりはなかったようです。
手術を手伝っ下さる方々の都合がついたので、
12月7日に手術を行なう事になりました。
どうかよろしくお願いします。


【11/25動物眼科での経費・・・再診料,眼科予備検査、眼底検査
血液検査(一般),血液検査(生化学検査)
スリットランプ検査(精密)
                       ・・・約12千円】


ニックネーム 庭師のミント at 18:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[動物眼科専門医] (11月19日夕方)

000_0882.jpg

釧路の病院へ行くには遠い。車でも片道7、8時間、冬ならもっと。
だいたい、冬道を釧路まで私一人で運転するのも多分無理。
行って犬を入院させても飼い主はどうするのか。
ホテルの部屋をかりて退院を待つのか。
受験生がいるのに1週間近くも留守にするなんて無理。
うちばかりでなく、他の患犬の飼い主さんも何人かが同じように
釧路の病院を奨められたそうで困った様子だった。

なんとかうちは、お父さんが札幌の病院をと食い下がったので、
札幌の病院を紹介してもらえた。

大学付属病院からの紹介を受けた病院は、有名な病院だったらしい。
ホールにいた他の患犬の飼い主さんに、「あそこは、有名だから
きっと高いだろうなあ。」などと言われた。
でも、「釧路よりは多少高くてもなんとかしよう。
両眼は無理でもなんとか片方の眼だけでも。」とお父さん。
「犬は視覚以外の感覚を多用しているので、片眼が見える
だけでも生活の質は向上しますよ。」と、以前に獣医に
いわれたのを思い出した。取りあえず前に進もう。

札幌の病院は大きい動物病院で、その中に眼科が入っている。
先生は以前、大学の病院にいたそうで、手術の経験も数件
あるそうだ。(でも、手術の経験数は圧倒的に釧路の先生が多く、
成功率もやはりそうなる。そういうことで大学では釧路を
奨めるているらしい。それだけ、犬の眼の手術は難しいと
いうことだ。)

大学からの検査の資料を見て、その先生は「まだ、若い子なので
出来るだけがんばってみましょう。」とひき受けてくれた。
それから、延々と手術の難しさと合併症の説明をうけた。
成功率はやはりあまり高くないようだ。合併症も多いそうだ。

大学での検査に加えて、幾つかの検査をした。
その結果、リリーの水晶体は標準よりやや大きく厚みがあり、
膨張しているということだった。
水晶体の内部の圧力が高くなっているので、その奥に炎症が
あるのかもしれないが、白濁の部分を取り除いて見ないと判らない
状態である。もし、炎症があると治らない可能性がある。
また、膨張している水晶体の膜が弱っていたり、神経がダメージを
受けていると眼内レンズを固定できないし、視力の回復が期待でき
ないこともある。という説明を聞いた。
でも、これは水晶体の切開をしてみないとどうとも云えない事ばかり。

とりあえず、「手術をする用意を始めましょう。」となり、
点眼薬で1週間過ごす事に。
進行が早いので、両眼になるか、片眼になるかはギリギリの様子を
診ての判断になるようだ。
もう、お金の問題じゃなく、病状の問題になってきました。
手術はできるだけ早くにしないといけないけど、すぐに出来るもの
ではないらしい。先生は、手術をするために協力をしてくれる人を
いろいろとお願いをして準備をしてくれるそうだ。
大掛かりになりそう・・・。

  【11/19動物眼科での経費・・・初診料,薬冶投薬指導料、
          眼科予備検査、スリットランプ検査(精密)
                  ボナフェック点眼薬
                       ・・・約11千円】

  

ニックネーム 庭師のミント at 16:53| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

[大学付属動物病院での精密検査] (11月19日午前)

07.11.19 R1.jpg07.11.19 L1.jpg
      [右目、左目]

広いホールの待合は色々な犬種が各々のテリトリーを保ちつつ、大人しく順番をまっている。
リリーはすぐに担当者に連れられ検査室の中に。
リリーの症状は著しく進み、右目はもう真っ白、左目もややうすいが白い。
しばらくして、飼い主夫婦が呼ばれ説明を受けた。

・右目が成熟期白内障、左目が未熟白内障だが進行が早いので間も無く成熟期になる。
・もうすでに見えていない状態だが、早急の手術で見えるようになる可能性はある。
・今回検査していない項目があるが、その検査の結果で手術できないこともある。
(網膜の状態しだい)
・手術をしないと確実に炎症が進み、将来に眼球摘出をしないといけないことになる。
・手術は、白濁した水晶体のを取り除く事(遠視の状態になる。)と
正常な視力にするために人工レンズを移植することをいう。
・入院のストレス、全身麻酔などの副作用のリスクがある。老犬だと無理です。
・手術後のケアにかなりの時間を要する。エリザベスカラーの装着、点眼など。
・手術の難しさから、成功例の割合は多くない。実際、手術に至るのも少ない。
・術後の合併症(ぶどう膜炎、緑内障、網膜はく離、水晶体レンズを支える靭帯の損傷)

それらの説明のあと
「今、機械の故障中で直る見込みもないので、こちらの病院を紹介します。」
といって差し出されたパンフレットは、釧路の病院だった。
「それと、費用が大体45万円位です。どうしますか?」
これは片目ですか両目ですかと尋ねる間も無く、
お父さんが「手術をする方向で考えますが、釧路の病院と言うのは
あまりに遠いので、もう少し近い所の病院で手術の出来る所は
ないのですか。」
「そうですね・・・札幌に2件ほどありますが・・少々お待ち下さい。」 
しばらくして、「こちらの病院にうちの病院にいた眼科医がいますのでどうですか。」
一もにも無く「はい、すぐに伺いますので、連絡をお願いします。」 

あっという間に話が成立。
さすがは家長。その日の夕方には手術をしてもらう病院に。

【11/19大学病院での経費・・・初診料,眼検査、眼圧測定
              眼底検査、染色試験、
              シルマーテスト、眼科エコー検査
              眼洗浄、点眼
                      ・・・約14千円】

ニックネーム 庭師のミント at 22:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[血液検査] (10月26日)

P001 (9).JPG  

3日後、診察を受けた。
リリーの眼の曇りは明らかに増していた。
昼の日の光でも白いのが判る。

「大学の動物眼科に仮予約をしておきました。日時は後で
連絡しますが、混んでいるのでしばらく待つかもしれません。
それで、一応他に病気が無いかの確認のために、血液検査を
しておきましょう。」
血液検査の採血をしながら、
昔のブームの後、ハスキーに遺伝病が多くなり、6歳未満の
若い個体に発生するものを若年性白内障 ということ。
老年での白内障にくらべ進行がはやいということ。
若年性白内障の中でも手術で治る場合もあるということなどの
説明を受けた。
血液一般検査、血液生化学検査の結果は問題なし。
時々、糖尿病などから眼に症状が出ることがあるそうだが、
リリーは大丈夫だそうだ。

「以前にも紹介した患者さんがいたのだけど、費用が結構かかる
ので十分に相談してください。手術はコッカーで24万円くらい
だと聞いたのですがどうなるか・・・。でも、紹介する大学の
動物眼科は今、機械が壊れていて手術が出来るかどうか。」
不安な一言。
あわてて「どこか、手術のできるところを紹介してくれますよ。」
と付け加えられた。

とりあえず、病気が特定しないことには先には進まない。

予約の確約と紹介状をお願いして帰宅した。 

後日連絡が来た。11月19日の時間予約制。
必ず紹介状を持参する事。検査費用の用意を忘れずに。
        
【10/26の経費・・・再診料、血液一般検査、血液生化学検査×2
普通染色,末梢血液像、内科内服薬で約8千円】
【後日の経費・・・紹介状作成料  約1.5千円】

ニックネーム 庭師のミント at 22:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

[発症]  (10月23日)

P001 (5).JPG

いつものように晩ご飯の容器をもって、犬舎に行くと
喜んで飛びついてきた。
でも、何か変だ。
ライトの光を受けたリリーの瞳が、白い膜がかかったように見えた。
昼間遊んだ時には白くなかったのに。
あわてて、息子を呼んで二人で確認。「たいへんだ。」
急いで行きつけの動物病院に電話をすると、すぐに連れて来て
下さいとのこと。
息子に抱かせて、車を走らせた。
何か変なものを食べたかな?水遊びで何か眼に入った?
と思いを巡らせながら。

診療時間は過ぎていたが先生も、スタッフの方も待っていてくれた。
診察をしてくれた先生は「ぼくは、眼の専門じゃないから、
くわしい病名はいえないんだけど、白内障だと思います。
専門の獣医を紹介しますけど、すぐには診てもらえないので炎症を
抑える目薬だけ出します。しばらくは、これで様子をみましょう。」
「大丈夫、命に関る病気じゃないので・・・。」
「3日後にもう一度診せに来て下さい
点眼の仕方を聞いて、点眼薬を頂いて帰ってきた。
とりあえず、点眼薬で専門の獣医さんに診てもらうまでは凌ぐのだ。

帰宅後、インターネットで調べた。
『犬の病気事典 』によると犬の白内障は、人間の白内障と同様、
眼の水晶体が白くにごる病気で、ひどくなれば失明します。
しかし、早い段階で白内障の治療を開始すれば、点眼薬や内服薬で
白内障の進行を抑えることができます。
早期発見・早期治療が大切です。

うちのリリーはどうなるのか、不安でいっぱい。
そういえば、夕方の散歩がを嫌がっていた。
遠くに放った小さいボールを取って来る遊びが好きだったのに、
この頃は気が進まない感じだった。
飽きたのかと思っていたけれど見えていなかったのだ。
食欲のムラが激しいのもそのせいだったのか・・・。

【10/23 の経費・・・ 初診料、点眼薬料で、約千円】

ニックネーム 庭師のミント at 23:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リリーがきた

BARZANI.jpg2007年4月2日

その日は運悪く足を病んでいる息子を入学式に
送って行かなければならない。でも朝からそわそわの家族たち。
大学の入学式なんかよりもっと大事なイベントがある。
予約をしている子犬を受け取りに行くのだ。

予てより札幌のペットショップ数件にハスキーの子が居るのを偵察、
何度も通って、ボーダーコリーの子とコーギーの子にも心揺れながら、
最終的に家族で決めたのはシベリアン・ハスキーの白い子。
ハスキーと聞いて『動物のお医者さん』のイメージがあるが、
この子は本当にハスキーかと思うほど白い子犬。
事前の電話でショップの店員が、午前中に来てくださいと
言っていたが、入学式が長引いて昼を少し回った頃に店に到着した。
あら?!プライスカードが・・・値引き?
電話をしていたのに、午前中に来ないからと諦められて、売れ残り
扱いだったらしい。(失礼だな)
それでも,その子は待っていたんだよとばかりに大喜び。

購入の手続きをしていると、トイレシーツを噛み散らかしている。
「この子、シーツを食べちゃうんですよ。」と店員。
それって、まずいでしょ!!ショップとしてそれでいいのか!?
    この子はうちできちんと育てよう。
そういうドタバタ状況で、うちにやって来ました。

リリーがやって来てから賑やかさを増した我が家。
先住犬のコーギーはいきなりの元気な子犬に戸惑いながらも
子犬の世話を焼こうとする。若返りの妙薬かな。
猫はそれまで一人舞台だったのに良きライバルの出現。
楽しい遊び相手が出来ました。

 しばらくは、室内の囲いの中で飼育していましたが、
子犬用のワクチンの終わりに合わせて、屋外の犬舎で飼育する
ことになりました。
お父さんのDIY特製犬舎。デッキに屋根と格子のカベ、
日よけとライト付で、居間とドア一つで続いているので、
いつでも様子が見られる状態です。
1匹だけ出されるのはかわいそうな事でもありましたが、
それもしだいに慣れすくすく元気に成長しました。
毎日いっぱい遊んで、タップリ寝て。
元気だけじゃなく、お利巧なワンコを目指さなくちゃと
『犬の学校』というしつけ教室にも通って、レッスンも受けました。

ニックネーム 庭師のミント at 17:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする